国際・政治東奔政走

安倍前首相が活動本格化 「ポスト菅」政局の震源に=伊藤智永

1年前、コロナ第1波当時の安倍首相(左)と今井補佐官兼秘書官(いずれも当時)。協力コンビがまた復権するのか(国会内で2020年3月16日)
1年前、コロナ第1波当時の安倍首相(左)と今井補佐官兼秘書官(いずれも当時)。協力コンビがまた復権するのか(国会内で2020年3月16日)

 世間が新型コロナウイルス変異株の第4波襲来で休業や行動自粛を余儀なくされる中、政界では安倍晋三前首相の精力的な活動が目立つ。昨年の辞任も理由は再び体調不良だった。コロナに感染せず復調したのは結構だが、本格的な活動再開は、コロナ対策を途中で託した菅義偉首相を少しでも助けようというつもりでもなさそうだ。

 むしろ方々に顔も口も出す行跡をたどると、「安倍政治の発展復活」をめざしているフシがうかがえて、生臭さが漂う。自民党衆参両院議員の4人に1人が所属する最大派閥・細田派(96人)を束ねる事実上の最高実力者であるだけに、その動向は「ポスト菅」政局の震源になり得る。

残り1823文字(全文2104文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事