週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

「大恐慌期」に並ぶ米債務比率=市岡繁男

     過去100年間の米国債務比率(非金融部門債務総額÷名目国内総生産)は四つの局面に大別される(図1)。第一は1915〜33年で、大戦とその後の好況で金融債務は増大、株価は上昇する。だが29年の大恐慌で株価が暴落し、借金で投資していた投資家はあらゆる資産の売却を余儀なくされたことで、債務残高以上に国内総生産(GDP)が減少してしまう。債務比率のピークが33年なのはこのためだ。

     第二は34年〜52年で、当局の各種対策が奏功し、債務比率は低下する。だが一番効果的だったのは第二次大戦で、GDPの急増に伴い債務比率は52年までに恐慌以前の水準に戻る。債務比率が正常化した54年になって株価が29年の高値を更新したのは象徴的だ。第三は53年〜81年で、債務比率の極大化が恐慌の遠因となった反省から、当局は銀行貸し出しを規制し債務比率は安定していた。だが経済拡大による資金需要の増加に…

    残り188文字(全文576文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事