国際・政治注目の特集

ワクチン接種遅れ G7最下位に沈む日本 国産実用化はメド立たず=前田雄樹

 日本の新型コロナウイルスワクチンの接種が遅れている。英オックスフォード大の研究者らが運営する統計サイト「アワー・ワールド・イン・データ」によると、日本でワクチンを接種した人の割合は4月25日時点でわずか1・4%。主要7カ国(G7)の中では最も低く、欧米諸国に大きく差をつけられている。

 ワクチン開発で出遅れた日本は、海外からの調達に頼るしかなかった。政府はこれまでに、米ファイザーと7200万人分、英アストラゼネカと6000万人分、米モデルナと2500万人分の供給契約を締結。ファイザーのワクチンは今年2月に承認され、欧米から約2カ月遅れて接種が始まった。モデルナとアストラゼネカは申請中で、5月にも承認される見通し。一方で、国産ワクチン実用化のメドはまだたっていない。

 新型コロナワクチンの需給は世界的に逼迫(ひっぱく)しており、日本への供給も当初はごくわずかだった。生産の拡大に伴って供給も増えてきてはいるが、需要にまだ追いついていない。政府は5月10日からの2週間で高齢者用として1872万回分を配布するが、自治体からはそれを上回る約2300万回分の要望があった。

残り616文字(全文1102文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事