投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

「空き家」活用の四つの選択肢/94

空き家の適切な管理にはコストがかかる……(写真は本文と関係ありません)
空き家の適切な管理にはコストがかかる……(写真は本文と関係ありません)

 時間の経過とともに「空き家問題」は深刻化するばかり。野村総合研究所によれば、2033年には全国の空き家は2000万戸レベルに到達するという。まだ先のことに思えるかもしれないが、相続が始まったら具体的にどうするかを、事前に親と子で話し合っておくのが望ましい。こうした話を、相続を受ける子の側から持ちかけるのはどうにも難しいから、親の側から持ちかけるのがベターだ。

 まずは「相続財産の棚卸し」。どこにどんな資産がいくらあるのか。それらを分配する際、遺言を残すなど事前の取り決めがなかった場合、相続人同士の話し合いで何をどう相続するかが決まるが、その際基準となるのが「法定相続分」。相続人が複数いて不動産持ち分が共有になると、後の処分に支障が出る可能性もある。まずは資産・財産の棚卸しをして、専門家に相談しつつ、必要があれば遺言を残すなど、後の相続や財産の処分がスム…

残り924文字(全文1305文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事