【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史アートな時間

舞台 青年座「アルビオン 白亜の地イングランド」 EU離脱の心理状況を英国式庭園再生に重ね=濱田元子

「アルビオン」の出演者
「アルビオン」の出演者

 英国がEU(欧州連合)を離脱する「ブレグジット」が、2020年末に完全終結して4カ月あまり。経済への影響に加え、英国からの分離を懸念する英領北アイルランドのプロテスタント系住民の反発など不安定要因がくすぶる。

 グローバル化による移民増加への不安か、覇権国だった過去へのノスタルジーか。1980年生まれの英劇作家マイク・バートレットの「アルビオン」は、離脱を選択した英国人のメンタリティーや国のあり方、アイデンティティーについて人間ドラマを通して問いかける作品だ。

 アルビオンとはイングランドを指す雅称で、グレートブリテン島南部の白亜質の絶壁(チョーク海岸)にちなむという。

残り979文字(全文1266文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事