教養・歴史アートな時間

映画ならではのビジュアル技法満載 葛飾北斎の生涯描くエンタメ快作=勝田友巳

©2020 HOKUSAI MOVIE
©2020 HOKUSAI MOVIE

映画 HOKUSAI 苦悩よりカタルシスの娯楽大作 「天才絵師」誕生の瞬間を活写=勝田友巳

 芸術家、中でも画家の生涯は映画と相性がいい。天才が時流に逆らって自らが信じる美を探求して破滅したり、理想と現実の狭間(はざま)で葛藤したりといった姿に加え、一枚の絵が描かれる過程は、心理的にも映像としても劇的だ。絵画の長く豊かな伝統のある欧州には、素材も秀作も事欠かない。

 日本だって負けていないはずだが、画家の伝記映画は意外と見当たらない。例外は浮世絵師で、本作の主人公葛飾北斎もこれまで何度も映画になっている。90年の長い生涯に3万点にも及ぶ絵と数々の逸話を残した。映画にはうってつけだが、謎の多い人物でもあり、どう造形するかが腕の見せどころだ。

残り923文字(全文1244文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事