教養・歴史アートな時間

転落と流転と悪事と 三者がからみ合う鶴屋南北の人気作=小玉祥子

「桜姫東文章」 撮影=大倉舜二
「桜姫東文章」 撮影=大倉舜二

舞台 六月大歌舞伎 桜姫東文章 下の巻 転落と流転と悪事と 三者がからみ合う南北の人気作

 東京・歌舞伎座の「四月大歌舞伎」では、「桜姫東文章 上の巻」で、片岡仁左衛門が36年ぶりに権助と清玄の二役に挑み、坂東玉三郎の桜姫と組んで話題となった。そのクライマックスとなる「下の巻」が、六月の歌舞伎座の第二部で上演される。

 四世鶴屋南北作で文化14(1817)年に初演されて好評を博したが、長く上演が途絶えていた。昭和に入って数度上演され、面白さを知らしめたのが、1967年の郡司正勝補綴(ほてつ)・演出による国立劇場公演。四世中村雀右衛門が桜姫、十四世守田勘弥が清玄、八世坂東三津五郎が権助を演じた。1975年に郡司本で花形俳優の玉三郎の桜姫、仁左衛門(当時孝夫)の権助、十二世市川團十郎(当時海老蔵)の清玄で上演される…

残り918文字(全文1276文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事