教養・歴史アートな時間

英人気ブランド「TOPSHOP」オーナーがモデルの凋落悲喜劇

(c)2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION
(c)2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

映画 グリード ファストファッション帝国の真実=野島孝一

搾取、成り上がり、破綻…… 英企業家描くブラックユーモア

 社会派からコメディーまで多彩な映画を手がけてきたマイケル・ウィンターボトム監督。実在する企業家をモデルにした強烈なブラックユーモアの快作だ。モデルになったのは、イギリスの人気ファッション・ブランド「TOPSHOP」を所持しながら経営破綻したフィリップ・グリーン卿(きょう)。グリーン卿は、低価格で流行の衣服を大量生産し、ファストファッションブランドとして売りまくることで財を成した。英女王からナイトの称号を受けたが、2016年に英国議会は、剥奪を決めた。さて映画は──。

 風光麗しいギリシャのミコノス島。折しも盛大なパーティーの準備が進んでいる。ファッションブランドの経営者として大成功を収めたリチャード・マクリディ卿(スティーヴ・クーガン)が名誉挽回のため60歳の還暦パーティーを開こうとしていた。円形闘技場を板で作り、映画「グラディエーター」の剣闘ショーを余興の目玉にしようという趣向だ。そのために生きたライオンまで用意された。

残り819文字(全文1292文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事