教養・歴史アートな時間

平穏の陰の不穏を描きつつ より深い陰翳に手を伸ばす=芝山幹郎

©Jeonwonsa Film Co. All Rights Resereved
©Jeonwonsa Film Co. All Rights Resereved

映画 逃げた女 平穏の陰の不穏を描きつつ より奥深い陰翳に手を伸ばす

 そよそよと風が吹いているような気がする。鳥の鳴き声も、かすかに聞こえてくるようだ。ただし、快晴ではない。強い光と濃い影が交錯するわけでもない。むしろ薄曇りだ。風景は穏やかで、出てくる人々もおっとりして見えるが、どこかに陰翳が蹲(うずくま)っている。

 ホン・サンスの新作「逃げた女」には、そんな気配が漂う。あ、またか、と感じる人はいるかもしれない。平穏の陰の不穏という表現に赴く映画作家は、世に少なくないからだ。ただ、ホンの場合は、それと一緒くたにできない。

残り957文字(全文1220文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事