国際・政治論壇・論調

独気候保護法は「部分的に違憲」 連邦憲法裁、議会選挙にも影響へ=熊谷徹

    憲法裁判決を歓迎するドイツ緑の党ベーアボック共同党首(ベルリンの連邦議会で) (Bloomberg)
    憲法裁判決を歓迎するドイツ緑の党ベーアボック共同党首(ベルリンの連邦議会で) (Bloomberg)

     ドイツ連邦憲法裁判所は4月29日、「2019年に施行された気候保護法の内容は不十分であり、部分的に違憲」との判決を下し政界・経済界に衝撃を与えた。

     ドイツの日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』は4月30日付紙面で「気候保護法は30年の二酸化炭素(CO2)排出量を1990年比で55%減らし、50年までに(温室効果ガス排出量を実質ゼロにする)カーボンニュートラルの達成を義務付けている。そのために同法は、30年までにエネルギー業界、工業界などが毎年排出するCO2の上限値を明記している。だが同法は、30年以降の具体的な上限値などを明記していない。連邦憲法裁は、重大な手落ちと批判した」と報じた。

     FAZによると、連邦憲法裁は「同法に50年までのCO2削減策が示されていないために、将来の世代が今以上にCO2削減のための努力を強いられ、負担が増える危険がある。彼らの基本権が、今日の市民よりも大きく制限されるのは不当であり、この法律は部分的に違憲だ」と結論付けた。裁判官たちは政府に対し、来年末までに気候保護法を改正するよう命じた。

    残り923文字(全文1395文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事