教養・歴史アートな時間

コロナ禍の今、なつかしの風景にひたりたい 「新版画」川瀬巴水の世界=石川健次

    ≪旅みやげ第二集 金沢下本多町≫ 1921年 36.4×24.1cm 荒井寿一コレクション
    ≪旅みやげ第二集 金沢下本多町≫ 1921年 36.4×24.1cm 荒井寿一コレクション

    美術 荒井寿一コレクション 川瀬巴水展=石川健次

    どこかで見た、なつかしい景色 精緻を極め、情緒にあふれる

     どこかで見た、なつかしい景色のようだと思った。図版の作品だ。そんな印象を抱く風景版画とたくさん出会った。旅行もままならない今、この会場で出かけた気分に浸るのもありかと、ひとり寡黙に作品を味わいつつ思う。

     江戸時代に絶頂を誇った浮世絵版画は、明治には写真など多様化するメディアのなかで輝きを失う。だが大正から昭和前期にかけて、版元の渡辺庄三郎が提唱した「新版画」が、伝統的な木版画に新風を吹き込んだ。絵師、彫師(ほりし)、摺師(すりし)の三者分業という浮世絵版画の伝統を活かし、何より絵師を、その意を最大限尊重し、芸術性の高い木版画の創作を試みた。

    残り1005文字(全文1331文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事