週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

農産物の高騰で、高まる世界規模の動乱不安=市岡繁男

    主食が高騰すると動乱が起きた

     日本では長らく、米の商取引は石(こく)を単位にしてきた。成人は1日3合の米を消費するので、米1石(1000合)の値段は人々の年間主食費にほぼ等しい。そして江戸末期~昭和初期の「米価÷大工の日当」を見ると、庶民の年間主食費はおおむね、労賃の10~20日分で推移していた(図1)。

     注目は、その範囲を超えて米価が上昇すると歴史的な事件が起きていることだ。(1)1833~37年:天保の大飢饉(ききん)と大塩平八郎の乱、(2)1866~69年:幕末・明治維新と戊辰戦争による混乱、(3)1880~81年:西南戦争後のインフレと、その後の松方デフレ(日銀を設立し紙幣流通量を適正化)、(4)1918~19年:米騒動=大正バブルやシベリア出兵などで米価が急騰し全国に暴動が波及――などが…

    残り245文字(全文598文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事