国際・政治ワールドウオッチ

エジプトウオッチ 砂漠の国で華開く低炭素化への国家戦略=常味高志

    海外からいかに支援を受けるかも重要なポイント 筆者撮影
    海外からいかに支援を受けるかも重要なポイント 筆者撮影

    エジプト 脱炭素の国家戦略を策定へ=常味高志

     低炭素社会への取り組みは、エジプトでも重要課題となっている。2015年のパリ協定に従って国連に提出されたエジプト政府の方針の中ではエネルギー、運輸、産業、建設の四つを重視する。

     例えばエネルギーでは、石炭火力に依存せず、自国で採取できる天然ガスで国内の電力需要の60%をまかない、残りの約40%を再生可能エネルギー、水力、原子力でまかなう。こうした取り組みで、30年…

    残り309文字(全文515文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事