教養・歴史書評

心の自由に至る道説く 奴隷出身哲学者の書

心の自由に至る道説く 奴隷出身哲学者の書=本村凌二

 ストア派の哲人皇帝マルクス・アウレリウスの『自省録』をひもとけば、皇帝が奴隷出身の哲学者エピクテトスの忠実な「弟子」であったことが分かる。エピクテトスの「覚書」をことさら愛読したらしい。

 そもそも、私塾の教師になりながら、エピクテトスは、著作を書き残さなかった。弟子の一人が言行録のごとき「語録」を作成し、やがて門下生以外にも流布して広く読まれるようになったらしい。これを抜粋した短い「要録」が編纂(へんさん)され、さらに、彼の教説に言及した後世の作家たちの「断片」が集められている。それらを一書にしたのがエピクテトス『人生談義』(岩波文庫、上巻1243円、下巻1386円)である。

 ヘレニズム期からローマ帝政期にかけて、地中海文明は頂上に昇り、人類は初めてグローバル世界を実現した。その荒波に流されず生きるにはどうすればいいのか、その心構えが模索される。その意味で、ストア哲学は21世紀の現代にも通じる訓戒を含んでいる。

残り516文字(全文953文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事