教養・歴史書評

『巨大企業の呪い』 ティム・ウー著 朝日新聞出版 1540円

    『巨大企業の呪い』 ティム・ウー著 朝日新聞出版 1540円

     著者はバイデン米政権で、国家経済会議(NEC)の特別補佐官に今年3月に就任した。2018年に出版した本書は市場を独占する巨大企業が、いかにイノベーションを阻害し、不正の温床になるかをえぐり出している。近年は、GAFAに代表される巨大IT企業が、国家を凌駕(りょうが)する影響力を持つようになり、それに対する規制のあり方に世界中が注目している。競争政策担当であるウー氏が、巨大企業にどう対抗するかを知ることができる必読書だ。(H)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事