教養・歴史書評

あの漱石も日和見だった!? 危機の時代に見る日本人の生き方=楊 逸

    歴史の節目となる時代 日本人はいかに生きたか=楊逸

    ×月×日

     今日もまた雨、しかも雷雨。こんな5月は初めてだ。憂鬱な気持ちは、天気のせいなのだろうか。

    『危機の日本史 近代日本150年を読み解く』(講談社、佐藤優、富岡幸一郎著、1760円)。博識で、文学、宗教、哲学、政治などに造詣が深いという著者の両氏は対談形式で、明治から今日まで日本の来た道を振り返りつつ、「危機の時代を生き抜くヒント」を探る。

     歴史を読み解くのに二つのキーワードが使われた。

    残り1141文字(全文1363文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事