国際・政治ワシントンDC

海軍も連邦議会も大真面目で議論するUFOの正体=古本陽荘

    地元の話題作りに一役?(リード元上院議長) (Bloomberg)
    地元の話題作りに一役?(リード元上院議長) (Bloomberg)

    もはや娯楽ネタではない 「UFO」が一大安保課題に=古本陽荘

     その白黒のビデオ映像は鮮明ではない。しかし、カメラが捉えた球状の飛行体は、左右に振れるように飛んだかと思ったら、突然、海に潜り込んで消えている。

     米海軍の沿海域戦闘艦オマハから撮影されたUFO(未確認飛行物体)の映像だ。今年5月に公表したのは、ドキュメンタリー作家のジェレミー・コーベル氏。撮影日は2019年7月で、西部カリフォルニア州サンディエゴ沖で撮られている。複数の米メディアに取り上げられた後、国防総省は映像が海軍撮影のものであることを認めた。さらに、それまでに流出していた海軍戦闘機による別のUFO映像も国防総省として最近、公表した。

    残り1025文字(全文1328文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事