国際・政治論壇・論調

欧州メディアも東京五輪に懐疑の視線を注いでいる=熊谷徹

    五輪の開催予定日が迫る東京。開催反対の声が高まっている(東京都内) (Bloomberg)
    五輪の開催予定日が迫る東京。開催反対の声が高まっている(東京都内) (Bloomberg)

    東京五輪に批判的な欧州メディア コロナ「立ち往生」に失望感も=熊谷徹

     新型コロナウイルス感染者数が増えつつある日本では、医療資源の行き詰まりが懸念され、東京五輪が開催されることに懐疑が強まっている。欧州のメディアでも批判的な論調が目立っている。

     ドイツの保守系日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』は5月19日付電子版に「五輪に対する日本の不安」と題する記事を掲載し「日本では感染者数が増加するにつれて、市民だけではなく自治体の首長たちの間でも五輪への懸念が強まっている。一部の財界人やアスリート、野党幹部からも、大会中止を求める声が出始めている。あるアスリートは『人々の命を危険にさらすほどの価値が五輪にあるとは思えない』と語っている」と報じた。

     同紙は「日本社会で不安感が強まっているために、IOC(国際オリンピック委員会)や組織委員会が論理的に説明しても、理解を得るのが難しくなりつつある。IOCのトーマス・バッハ会長は『昨年秋以来、世界各地で約270回のスポーツイベントが行われたが、感染爆発が起きた例は一つもない。訪日する選手の少なくとも80%は出発前に予防接種を受ける』と説明し日本人を安心させようとしている。バッハ会長は、『日本人は強…

    残り884文字(全文1414文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月21日・28日合併号

    変わる!マンション管理14 管理を評価する新制度 来春開始で資産価値左右 ■中園 敦二/和田 肇17 “廃虚”マンション 滋賀県野洲市が公費解体も7割未回収 ■編集部19 インタビュー 岡本潮 マンション管理業協会理事長 東急コミュニティー特別顧問 「ランクで火災保険料に差が付くようにしたい」20 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事