国際・政治論壇・論調

コロナ禍の雇用喪失と労働力不足 矛盾する現象を巡る米国の論争=岩田太郎

    労働保護強化を訴えデモをする食品配送の労働者(今年4月、ニューヨークで) (Bloomberg)
    労働保護強化を訴えデモをする食品配送の労働者(今年4月、ニューヨークで) (Bloomberg)

     米労働省が5月7日に発表した4月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比26万6000人増と、市場予想の100万人増を大幅に下回る伸びとなった。こうした中、企業側は働き手を十分に確保できない労働力不足を訴えており、「コロナ禍以前と比較して800万~1000万人の雇用が失われたまま」という状況下で労働力が不足するという、一見矛盾した現象が見られる。米論壇では、この労働力不足の原因や処方箋を巡る議論が続いている。

     雇用者側団体の全米商工会議所は6月1日発表の報告書で、「州や自治体レベルの商工会議所の90%以上が、労働力不足により各地方の経済の足が引っ張られていると訴えている」と指摘。同商議所のスザンヌ・クラーク会頭は報告書で、「労働不足は本物であり、日々状況が悪化している」と述べた。

    残り1040文字(全文1385文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事