【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治論壇・論調

英首相の元側近が爆弾証言 コロナ対応の裏舞台を暴露=増谷栄一

昨年11月、英首相官邸から荷物を運び出すカミングス元首席顧問(ロンドンで) (Bloomberg)
昨年11月、英首相官邸から荷物を運び出すカミングス元首席顧問(ロンドンで) (Bloomberg)

 かつてはジョンソン首相の右腕として英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)や新型コロナウイルス対策で辣腕(らつわん)をふるったカミングス元首席顧問が5月26日、下院科学技術特別委員会で、政府のコロナ対策について“爆弾”証言をした。同委員会はコロナで数十万人もの死者を出したブラジル政府の新型コロナのパンデミック(世界的大流行)への対応の遅れを調査する専門委員会の英国版。調査の進展によっては首相とハンコック保健相の判断ミスが問われ、政府のコロナ戦略に影響するだけでなく、首相の去就問題に発展する可能性が出てきた。

 カミングス氏の証言は同氏が昨年11月に辞任するまでの期間が対象。英国がイングランドで昨年3月23日~5月10日に実施した1回目のロックダウン(都市封鎖)と、感染再拡大で同11月5日~12月2日の2度目の封鎖に入るまでの期間だ。カミングス氏は「英国のコロナ対策は中身のない空っぽだった。政府トップの間違った判断により、死なずにすんだ数万人もの命が失われた」とし、特にジョンソン首相と保健相、2人のコロ…

残り915文字(全文1373文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事