国際・政治東奔政走

安倍氏の「放言」が止まらない!志向するのは「キングメーカー」=伊藤智永

    衆議院本会議で自民党の下村政調会長(右)と言葉を交わす安倍氏。「ポスト菅」候補を列挙した狙いは?(国会内で5月25日)
    衆議院本会議で自民党の下村政調会長(右)と言葉を交わす安倍氏。「ポスト菅」候補を列挙した狙いは?(国会内で5月25日)

    止まらない安倍氏の「放言」 「キングメーカー」を志向=伊藤智永

     安倍晋三前首相の放言が止まらない。新型コロナウイルス対策と東京五輪・パラリンピック開催強行に対する失望で菅義偉首相の不人気は挽回が難しい。にもかかわらず9月末の自民党総裁任期切れを見越し、安倍氏はテレビ番組で早々と菅氏の続投支持を公言。かと思えば、今度は雑誌のインタビューで「ポスト菅」候補の具体名を列挙してみせた。順に、茂木敏充外相、加藤勝信官房長官、下村博文自民党政調会長、岸田文雄前政調会長の4人。もちろん計算ずくだ。今や政局かく乱の中心とも言うべき安倍氏の狙いは何か。

    残り1880文字(全文2150文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事