国際・政治ワールドウオッチ

ブラジルウオッチ  コロナ禍のブラジルでニートが増加している=美代賢志

    若者の4人に1人がニートに……(サンパウロ市内) 筆者撮影
    若者の4人に1人がニートに……(サンパウロ市内) 筆者撮影

    ブラジル 若者に増え続けるニート=美代賢志

     ブラジル地理統計院(IBGE)の調査によると、2020年10~12月期に15歳以上29歳以下のニート(若年無業者)が25・5%を記録した。前年同期比で4・4ポイントの上昇で、新型コロナ感染拡大の影響で失業したり通学が困難になったりしたことが原因と考えられる。

     就学と就労に分けると、もともと就学率が低水準で推移する中で失業者の増減がニート比率の変化に影響してきた。20年の場合、就学率が月を追うごとに低下したが年末に上昇。特に高等教育でその傾向が強く、より良い学歴やスキルを身に付けて厳しい時代を乗り越えようとする意識が働いた可能性がある。

    残り241文字(全文533文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事