国際・政治ワールドウオッチ

広州ウオッチ 広州市によるワクチンバスが大好評=太田元子

    対象地域を絞ることで確実に接種ができる(広州市のワクチンバス) 尹健章氏撮影
    対象地域を絞ることで確実に接種ができる(広州市のワクチンバス) 尹健章氏撮影

    広州 簡単接種の「ワクチンバス」登場=太田元子

     新型コロナウイルスのワクチン接種熱が高まりを見せる中国・広州市で、バスの車内でワクチンを打てる「ワクチンバス」が5月に登場し、好評を博している。

     病院でのワクチン接種は、住民が広範囲から予約するために、予約がすぐに埋まったりする問題があった。こうした現状を改善しようと、広州市が住宅街にワクチン接種が可能なバスを派遣することにした。

     市民は「居民委員会」(町内の役所)が指定する時間に予約カードを取りに行き、その上で予約した日時にバスに行って接種を受ける。バスの派遣先の地域に居住していることが証明できる住民のみが対象で、混雑もなくスムーズにワクチン接種ができる。

    残り218文字(全文524文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事