国際・政治ワールドウオッチ

インドウオッチ コロナ禍で新たな感染症の脅威=中島敬二

    コロナ変異株が猛威を振るう中で、新たな頭痛の種に (Bloomberg)
    コロナ変異株が猛威を振るう中で、新たな頭痛の種に (Bloomberg)

    インド 新感染症「ムコール症」が流行=中島敬二

     新型コロナウイルスの変異株が猛威を振るうインドでは現在、致死率の高い真菌感染症「ムコール症」も流行している。西部ラジャスタン州やグジャラート州など多くの州でムコール症が広がっており、インド政府は5月22日、すでに200人以上が死亡したと発表した。感染者数は全土で8800人以上にのぼる。

     ムコール症は土壌や植物、肥料などによくみられるカビの一種である黒色真菌が体内に入ることで、脳や肺などの粘膜に悪影響を及ぼす。感染すれば、発熱や頭痛、せき、呼吸困難、血まみれの嘔吐(おうと)症状が出てくるという。放置すれば約半数の人が命を落とす恐ろしい病気である。

    残り223文字(全文522文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事