国際・政治ワールドウオッチ

スウェーデンウオッチ 野生のヘラジカの生態を中継したTV番組がスウェーデンで人気=綿貫朋子

    番組「ヘラジカの大移動」のワンシーン 提供:SVT“The Great Moose Migration”
    番組「ヘラジカの大移動」のワンシーン 提供:SVT“The Great Moose Migration”

    スウェーデン ヘラジカの生中継番組が人気=綿貫朋子

     スウェーデンの公共放送「スウェーデンテレビ・SVT」が制作した「ヘラジカの大移動」という番組が話題だ。野生のヘラジカが牧草を求めて沿岸部から内陸へ移動する様子を24時間約3週間にわたって生中継する内容で、約2500万回視聴された。新型コロナウイルス禍で自宅にいる人が増えた影響もあるとみられる。

    「ヘラジカの大移動」のように、あるがままをナレーションなしに実時間で映す番組形式は、「スローテレビ」と呼ばれ、もともと隣国ノルウェーで人気を博していた。同番組はスウェーデン版として2019年に始まり、3回目の今年の放送で過去最高の視聴回数を記録し、大きな話題を呼んだ。ヘラジカが雪解け後の川をゆったりと泳いで渡る姿に癒やされる人は多い。

    残り195文字(全文536文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事