週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第146話 参謀本部廃止論=板谷敏彦

    (前号まで)

     シベリア出兵において陸軍は政府に従わず独断の行動を重ねる。株式バブルは崩壊、膨大な戦費は財政問題となり是清は非難にさらされる。苦渋の日々が続く中、親友ヤコブ・シフの訃報が届く。

     大正9(1920)年9月27日、是清は無二の親友ヤコブ・シフの死亡を知らせる電報を受け取った。この当時体が弱って温泉療養を終えたばかりの是清にとってあまりに大きな衝撃だった。

     是清はシフの死を通じて自身の老いと寿命を意識した。今こそ政治家としてやるべきことがあるのではないかとこみ上げるものがあった。

    残り2462文字(全文2708文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月27日・8月3日合併号

    変わる! 相続&登記・民法18 日本中の相続・不動産取引を変える法改正のインパクト ■種市 房子20 相続<1>土地・建物…うっかりで大損!? 登記しないと金銭的制裁も ■横山 宗祐22 <2>ますます登記が大事! やらなきゃ「法定相続分だけ」に ■横山 宗祐23 <3>遺産分割も遅れると大変! 相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事