教養・歴史アートな時間

速すぎる女と遅すぎる男。前後半でテンポが変わる台湾恋愛コメディー=勝田友巳(映画)

©MandarinVision Co, Ltd
©MandarinVision Co, Ltd

映画 1秒先の彼女 正反対だけどはみ出し者同士 時間のマジックで描く恋愛喜劇=勝田友巳

 たわいないと言ってしまえばそれまでだけれど、突き放すのはもったいない、ファンタジー色豊かな恋愛喜劇。ちょっと良い気分にしてくれる。

 郵便局員のシャオチーは小さいころからせっかちで、何事によらず周囲より一拍早い。合唱すれば一人だけ先を歌ってしまうし、徒競走もフライング。そのせいか彼氏もおらず、バレンタインデーをいつものように一人で過ごそうと決めていた。

 ところが帰宅途中、感じの良いイケメンと遭遇しトントン拍子。明日のバレンタインデーを一緒に過ごそうと約束して次の日、目覚めてみるとなぜかバレンタインデーの翌日で、身に覚えのない日焼けもしている。消えた一日に、一体何が? と、物語が動き出す。

残り896文字(全文1236文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事