教養・歴史アートな時間

映画 いとみち 津軽三味線と少女の青春 オール現地ロケで魅せる美しさ=寺脇研

     新型コロナウイルスが猛威を振るう中、つい他の社会問題を見失ってしまいそうだ。

     未来を中長期的に展望すると、重要で深刻なのは2040年に迫っている地方自治体存続の危機である(総務省の自治体戦略構想)。人口減と少子高齢化が進行し、過疎自治体は成立が困難となって「消滅」する計算だという。しかも、全市区町村の半分近くがそれに該当しそうなのだ。

     こちらへの対処も忘れてはならない。われわれの社会が、地方を切り捨てて都市部だけの繁栄でいいのかどうか。それには、各自が地方に対する自分なりの視線を持つことが肝要だろう。都市の暮らしを見ているだけでは、日本社会全体のあるべき姿には思い至らない。

    残り909文字(全文1200文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事