国際・政治ワシントンDC

米国はほぼ日常回帰 高校生がうっぷん晴らす一大イベント開催=小林知代

    独立直前の貴重な時期 (Bloomberg)
    独立直前の貴重な時期 (Bloomberg)

    コロナからの日常回帰 高校のイベントも再開=小林知代

     昨年来の新型コロナウイルス感染拡大、街の部分的ロックダウン(都市封鎖)、休校、1年近く続いたオンライン授業は、当地の高校生にもストレスを与えたに違いない。学校外で数人で集い、勉強する「ポッド(豆のさや)」という前向きな動きも出た一方、家に閉じこもるうっぷんを晴らすかのように、夜、街中でたむろする生徒の姿も見られた。

     ただ、今年春以降、急速にワクチン接種率が伸び、高校生活や行事も正常化に向かい始めている。6月の卒業シーズンを前に、筆者の三男の通う高校では恒例の「タレントショー」が2年ぶりに開催された。タレントショーとは、演劇、演奏、ダンスを舞台で発表する「隠し芸大会」のようなものだ。この高校は3000人ほどの大規模校。ショーは毎年、生徒の家族だけではなく、地元住民も集い、会場が満員御礼になるほどの一大イベント…

    残り929文字(全文1314文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事