週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第148話 対支経済政策概見=板谷敏彦

(前号まで)

 国家財政を圧迫するシベリア出兵をめぐり政府と軍部の溝は深まる。是清が記した政策提言『内外国策私見』が物議を醸す中、大正天皇の病状が進行する。

 明治・大正の立身出世した高官たちの多くは留学や外遊の経験をした。元老山県有朋は欧州大戦が終わった翌年の大正8年ごろから、皇太子裕仁親王(昭和天皇)にも是非欧米を中心に外遊して見聞を広めていただきたいと考えていた。

 しかし大正天皇が病弱で、皇太子には近々摂政として政務を補佐してもらわなければならないこと、また皇后をはじめとする皇室や、国粋主義者などからの反対もあり、山県は宮中某重大事件と関連付けられてなかなか実現せずにいた。

残り2412文字(全文2703文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事