資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

人類を絶滅寸前に追い込んだインドネシアの巨大噴火=鎌田浩毅

「脱炭素」を考える/6 人類を絶滅寸前にした巨大噴火/58

 火山の噴火が人類の進化にまで影響を与えたことがある。今から7万4000年前、インドネシア・スマトラ島北部で起きた大噴火がそれで、過去10万年の地球上で最大規模の噴火だった。マグマ量で2800立方キロにも及び、長さ100キロ、幅35キロにわたる巨大なカルデラが形成された。現在、カルデラ内にはトバ湖があり、カルデラの縁に沿って小型の火山ができている。

 また、カルデラの周囲には非常に厚い火砕流堆積(たいせき)物が広がっている。さらに、インド洋の海底にもこのときに噴出した火山灰が厚く堆積している。さらに遠い場所としては、インドや中国南部でもトバカルデラから飛来した火山灰が確認されている。

残り933文字(全文1256文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事