教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

監視社会が来るのが怖いのですが=小川仁志

    変質者が出没し、監視カメラの設置案が出ています。監視社会が進むと…/87

     Q 変質者が出没し、監視カメラの設置案が出ています。監視社会が進むと、私は反対ですが

     A “液状化する社会”で、人は監視する側であり監視される側でもあると肝に銘じよう

     通学路で変質者の目撃情報が頻繁にあり、中学校の保護者が集まる会が開かれ、地域で子供たちをどう守るかの議論がありました。ある母親からの「監視カメラを増やしては」との提案に賛同する人が多い中、私だけが「監視社会が進むのでは」と疑問を呈したのですが、明らかに劣勢です。どうすればいいでしょうか。

    残り1156文字(全文1421文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事