教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

マルクスの哲学は、あなたの働き方を変えるかもしれない=小川仁志

テレワークとなり、逆に労働時間が増え、収入は上がったものの、疲れました/88

 Q テレワークとなり、逆に労働時間が増え、収入は上がったものの、疲れました

 A コロナ禍で再評価されるマルクスの『資本論』。労働と人間らしさの関係に目を向けよう

 コロナ禍でテレワークが導入されたり、副業が推進されるようになって、今までより労働時間が長くなっています。働き方改革が声高に言われる昨今、収入は少し増えましたが、ちょっと疲れ気味です。(証券会社勤務・40代男性)

 個人も組織も、収入増になるのはうれしいものではあります。働けるとなると、いくらでもその機会を利用しようとします。でも、私たち人間の心や体は有限ですし、1日の時間も有限です。それをギリギリまで使い切ると、心身が疲弊してしまうのは当然でしょう。

残り1033文字(全文1379文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事