国際・政治ワシントンDC

ポップコーンの溶かしバター装置は使えなくても、米国で映画館再開の喜び=溝口健一郎

    再開から間もない館内は人もまばら 筆者撮影
    再開から間もない館内は人もまばら 筆者撮影

    コロナ禍から映画館再開 動画配信に優る喜び=溝口健一郎

     新型コロナウイルスによってダメージを受けた産業は多いが、映画館は最悪の被害者の一つだ。例えば、米映画館チェーン3位のシネマーク・ホールディングスは、42州で325の映画館を運営するが、2021年1~3月期の売り上げは前年同期比8割減の1億1400万ドル(約125億円)にとどまった。現在、米国では、各種エンターテインメント施設も徐々に再開している。

     筆者は昔から映画ファンで、コロナ禍の前は近所の映画館に月に2回は足を運んでいたが、この1年は全く行っていなかった。よく通った三つの映画館のうち、一つは閉鎖を決定し、もう1館は再開時期を検討中だ。最大手チェーンAMCの映画館のみ再開したので、6月初旬、1年数カ月ぶりに妻と鑑賞に出かけた。選んだのは当地で5月28日から公開されているディズニー新作「クルエラ」。チケットは時間帯割引があって1人9・39ドル(1000円超)だった。

     事前にネットで席を予約すると、自動的に両隣の席はブロックされる。ワクチン接種を完了している観客はマスク着用は求められないが、希望すれば1枚1ドルで販売もしている。従業員は全員マスク着用だ。米国の映画館で定番のポップコーンは買えるが、自分で好きなだけ溶かしバターをかけられる装置は、不特定多数が装置を触らないようにするためか、使用禁止のままであった。

     対照的にコロナ禍…

    残り753文字(全文1353文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事