教養・歴史アートな時間

舞台 ラッパ屋 第46回公演 コメンテーターズ=濱田元子

    第45回公演「2.8次元」2019年 撮影 木村洋一
    第45回公演「2.8次元」2019年 撮影 木村洋一

    市井人の戯言にリアリティー コロナ禍の現在を見据えた舞台

     どこにでもいそうな会社員や夫婦。劇団「ラッパ屋」を率いる鈴木聡の芝居は、市井の人々が織りなす笑いとペーソスにあふれている。

     広告代理店のコピーライターとして勤務する傍ら、劇団「サラリーマン新劇喇叭(らっぱ)屋(現ラッパ屋)」を立ち上げたのは1983年のこと。普通の働く人々と、演劇の距離をもっと近づけたいとの思いからだった。

     劇団外部への作品提供も少なくないが、特にラッパ屋では「いま感じていること、いま目の前のお客さんと話したいことを意識しています」。それだけにウイットの利いたセリフが、オトナの観客の心に刺さる。

    残り1010文字(全文1297文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事