教養・歴史アートな時間

映画大国インドから届いた前代未聞の高熱量パニック怪作=勝田友巳

映画 ジャッリカットゥ 牛の怒り 暴走牛より追う人間が大騒ぎ インド流モンスターパニック=勝田友巳

 歌と踊りのイメージだったインド映画もいろんな作品が入ってくるようになり、アクション巨編の「バーフバリ」シリーズから、「めぐり逢わせのお弁当」のようなしっとりした人間ドラマまで、さすが映画大国。そのなかでもこの「ジャッリカットゥ」は異彩を放つ。世界中どこへ出しても驚くだろう、高熱量のインド的モンスターパニック映画である。

 筋立ては単純。南インドの小さな村の肉屋、アントニの店から水牛が逃げ出した。牛は村人を傷つけ銀行に飛び込んで破壊し、畑を踏みにじって行方をくらます。怒った村人たちは牛を捕まえようと、躍起になる。

残り983文字(全文1290文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事