国際・政治ワールドウオッチ

快適な環境求めてドバイへ非難、増えるリモートワーク目的の入国者たち=山村千晴

    快適な環境に魅せられた「避難者」が増えている ジェトロ撮影
    快適な環境に魅せられた「避難者」が増えている ジェトロ撮影

    ドバイ リモートワーカーの入国が増加=山村千晴

     ドバイでは、新型コロナウイルスの拡大で落ち込んだ海外からの観光客や居住者を呼び込むために、シニア層をターゲットにした「リタイアビザ」や、一つのビザで5年間、複数回の入国が可能になる「マルチ観光ビザ」など、ユニークな新政策を次々と打ち出している。その中でもひときわ異色なのが2020年10月に導入された「リモートワークビザ」だ。

     一定の要件を満たせば、国外の企業に勤めながらも、ドバイに住んでリモートで仕事ができる1年間の居住ビザを発給してくれる。ドバイの整備されたインフラや住環境、多種多様な商業・レジャー施設は、多くの人々にとって魅力的だ。比較的富裕なホワイトワーカーを呼び込み、国内消費を活性化できる利点もある。あるホテルの営業担当者は「最近、長期滞在する外国人客が増えている。依然行動規制が厳しい自国から避難して、ドバイ…

    残り159文字(全文546文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事