教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

コロナ禍で、政府も企業も個人の命か、経済優先かで迷っています。どう対処すれば…/90

 Q コロナ禍で、政府も企業も個人の命か、経済優先かで迷っています。どう対処すればいいですか

 A 矛盾こそが現実。「絶対矛盾的自己同一」の考えで物事を見直してみては

 緊急事態宣言が繰り返し延長され、わが社もテレワーク(在宅勤務)を余儀なくされています。政府も企業も経済が優先なのか、個人の命を考慮しているのかわかりません。どう対応すべきでしょうか。(証券会社勤務・40代女性)

 たしかに政府も組織も、そして個人も迷走しているように見えます。誰しも生活していかねばなりません。そのためには経済を優先する必要があるでしょう。しかし、このコロナ禍では、それは命取りになってしまいます。だから感染が拡大すると命を優先するという方向にかじを切る。そのタイミングや程度が、時に矛盾した判断に見えてしまうのです。

残り1015文字(全文1364文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事