教養・歴史アートな時間

美術 ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ=石川健次

    クロード・モネ≪ベリーㇽの岩礁≫ 1886年Inv.907.19.191 ランス美術館 
    クロード・モネ≪ベリーㇽの岩礁≫ 1886年Inv.907.19.191 ランス美術館 

    アトリエを飛び出し、戸外へ 新たな制作現場へのこだわり

     シャンパンで有名なフランス、シャンパーニュ地方のランス市にあるランス美術館は、19世紀フランスの風景画コレクションで知られる。本展には、この豊かなコレクションから珠玉の風景画が並ぶ。自粛で遠出を控えている今、せめて絵のなかで……と千変万化の風景を楽しむうち、コローと印象派にとりわけ関心を抱いた。作品はもちろん、いやむしろ作品が描かれた場所、言い換えれば画家の制作現場に、だ。

     肖像画などの背景に過ぎなかった風景は、次第にそれらと肩を並べ、風景だけを意識的に描く風景画が誕生する。19世紀に入ると鉄道を中心に交通網の整備が進み、またチューブ入り絵の具が発明され、画家はアトリエを飛び出し、戸外にイーゼルを立てて風景画に熱狂した。風景を前に、まさにその場所が、新たな制作現場になった。

    残り1006文字(全文1375文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事