国際・政治ワールドウオッチ

生命と経済に大きな危機、カリフォルニア州を襲う史上最悪の熱波=瀧口範子

    州最大の貯水池「シャスタ湖」の様子が干ばつの状況を生々しく表している (Bloomberg)
    州最大の貯水池「シャスタ湖」の様子が干ばつの状況を生々しく表している (Bloomberg)

    カリフォルニア 史上最悪の熱波が襲来=瀧口範子

     カリフォルニア州は現在、過酷な熱波に襲われている。先月は記録史上もっとも暑い6月となり、7月第2週末は、パームスプリングズでセ氏47・8度、内陸のデスバレーで同54・4度を記録した。熱波の原因は「メガ(極端な)干ばつ」だ。年々の雨量減少によって地盤が極端に乾いていることが、気温押し上げの要因となっている。

     同州では今後、クーラーの過剰な利用による電力不足が予想されている。すでに州政府は節水を呼びかけるほか、自主的な節電を求める「フレックス・アラート」を要請している。フレックス・アラートでは、午後4~9時までの電力消費のピーク時に、空調をセ氏25・6度以上に設定、洗濯機などの大型家電の使用を控え、日中は家のカーテンを閉じて部屋の温度上昇を防ぐことなどを呼びかける。熱波が州を襲うごとにアラートが出され…

    残り157文字(全文534文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事