国際・政治ワールドウオッチ

ニーラゴンゴ山の噴火、避難住人への影響が長期化=平野光芳

    噴火の影響で6000世帯が避難所生活を続けている(写真はイメージ) (Bloomberg)
    噴火の影響で6000世帯が避難所生活を続けている(写真はイメージ) (Bloomberg)

    コンゴ民主共和国 ニーラゴンゴ山が噴火=平野光芳

     コンゴ民主共和国(旧ザイール)東部のニーラゴンゴ山(3470メートル)が5月22日噴火した。流出した溶岩がふもとの都市ゴマに迫り、住民約40万人が避難、約30人が犠牲となった。現在、火山活動は小康状態だが、家を失った6000世帯が避難所生活を続けており影響が長期化している。

     ニーラゴンゴ山は世界有数の活火山で1977年と2002年にも噴火。02年は溶岩流が市街地に達し、250人が死亡、12万人が家を失った。今回は溶岩流が空港から約300メートルまで迫ったが、幸運にも市街地にあとわずかで止まった。日本政府と国際協力機構(JICA)は6月、テントやビニールシート、ポリタンク、浄水器などの支援物資を被災者向けに発送し、隣国のルワンダ経由で届けた。

    残り191文字(全文540文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事