国際・政治論壇・論調

英政権がシティーてこ入れ策 規制緩和、環境債に活路=増谷栄一

    スナク英財務省(6月ロンドンで開催のG7財務省会合で) (Bloomberg)
    スナク英財務省(6月ロンドンで開催のG7財務省会合で) (Bloomberg)

     リシ・スナク英財務相は7月1日、ロンドン市内で講演し、今年1月の欧州連合(EU)離脱後もロンドン金融街(シティー)がEUの金融市場に自由にアクセスできるよう求めたEU協議を断念する代わりに、英国内の金融サービス取引に関するルールや規制を撤廃または大幅に緩和する方針を発表した。EUに奪われたシティーの名声を早急に取り戻す戦略だ。シティーの起死回生までの道筋を示すロードマップ(行動計画)が今秋から動き出す。

     この講演と同時に、財務省はシティー活性化戦略を発表した。柱は、英国でのIPO(新規上場)ルールや、政府や機関投資家などを対象とした大口金融(ホールセールバンキング)関連規制の見直しに加え、現金引き出しや預金商品に関する規制の見直し、保険会社の経営の健全性を示す「支払い余力」のルールの見直し、などになっている。

     世界の金融サービス規制に詳しい米大手法律事務所レイサム&ワトキンスのシティー担当パートナー、ロブ・モウルトン氏は7月3日付の英紙『デイリー・テレグラフ』で、行動計画について、「英国の金融サービス市場は今後、猛スピードで、かなり遠くまで前進する」と指摘した。

     シティーが1月のEU離脱により、EUに奪われた金融サービス市場でのシェアを取り戻してきているのも事実だ。出遅れていた環境関連の金融サービスでのシェア拡大も期待される。

     市場シェアについては、シティーは6月の1日当たり株式売買額が平均89億ユーロと、アムステルダムの88億ユーロを抜き、英国がEUから離脱した1月以来、6カ月ぶりに欧州での首位奪還に成功した。また、ロンドンで新規上場する企業数もこの6カ月間で49社に達し、…

    残り680文字(全文1380文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事