教養・歴史アートな時間

最高峰の危機に政治抗争が絡む スター競演の娯楽アクション=寺脇研(映画)

©2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
©2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

映画 白頭山大噴火 最高峰の危機に政治抗争が絡むスター競演の娯楽アクション=寺脇研

 白頭山(ペクトゥサン)は、中国との国境に近い北朝鮮の火山である。海抜2744メートルの南北を通して朝鮮半島全土の最高峰であり、朝鮮民族の聖地とされ信仰の対象となっているあたり、我が国の富士山に当たると思ってよかろう。

 その「大噴火」といえば、パニック映画と早合点されるのも無理はない。事実、ソウル市内を大地震が見舞う。激しく揺れるビル街に火山弾が雨あられと降り注ぎ、街の真ん中を流れる大河・漢江(ハンガン)には津波が起きる。迫力あふれる映像は臨場感満点だ。日本と違い火山、地震、津波の経験が薄い朝鮮半島だが、白頭山は千年余り前に巨大噴火を起こした過去を持つだけにリアリティーがある。

 しかし、この映画の本筋はこの直後から始まるのだ。まだ噴火は序の口で、さらに3層存在するマグマのうち最下層の巨大マグマまで爆発すれば、韓国も北朝鮮も壊滅的打撃を受けることが分かる。韓国軍特殊部隊に与えられた任務は、火口に近接し既に国家崩壊の有り様となった北にある核ミサイルの弾頭を確保し、これを使って地下深くに起こす人工爆発によりマグマの圧力を下げ、破滅的爆発を回避させるという困難極まるものだった。

残り720文字(全文1253文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事