教養・歴史書評

藤原仲麻呂を中心に、奈良時代の王権をめぐる動乱を徹底解説

役者ぞろいの反乱を軸に奈良朝史の全貌を解説=今谷明

 長屋王の変(729年)から始まって藤原仲麻呂(なかまろ)(恵美押勝(えみのおしかつ))の乱にいたる動乱を奈良朝諸反乱と呼ぶが、最後の仲麻呂の乱は、規模も大で役者がそろっている。特に反仲麻呂側には孝謙上皇(女帝)、吉備真備(きびのまきび)、“妖僧”の道鏡らが控え、就中、真備は2度の在唐留学の実績があり、兵法の専門家で、折から造東大寺司長官として大活躍が目立った。

 この乱については、50年以上前に岸俊男著『藤原仲麻呂』(吉川弘文館人物叢書)が出て古典的価値を得ていたが、今回紹介する仁藤敦史著『藤原仲麻呂 古代王権を動かした異能の政治家』(中公新書、946円)はその後の研究成果などを踏まえ、新しく論じたてた意欲作である。

残り725文字(全文1062文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事