教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

働き方改革など会社の複数の問題に声を上げていますが、周りは上の空です

    働き方改革など会社の複数の問題に声を上げていますが、周りは上の空です/94

     Q 働き方改革など会社の複数の問題に声を上げていますが、周りは上の空です

     A 真理の探究と応用を目指す「向上門」と「向下門」を武器に行動しよう

     今の職場には働き方改革や人材育成などの面で問題が多く、それを変えたいと思って声を上げているのですが、うまくいきません。いくら上司に訴えても上の空。危機感がないのです。どうすれば、わかってくれるのでしょうか。

    (企画部門勤務・30代男性)

     この相談者は、熱い方ですねぇ。どこの組織にも問題があります。だからそれを変えればもっとよくなる。その通りです。私も若い頃は常にそう感じていました。そして、組織にかみついていたのを思い出します。相談者と同じ30代の頃です。

     でも、なぜかうまくいきませんでした。結果、周囲から賛同してもらうことができず、孤軍奮闘のむなしさを感じたものです。出世にも悪影響を及ぼしたことと思います。自分は正しかったはずなのに、いったい何が悪かったのか?

    心に刀を抱いて

     そこで参考になるのが、日本の哲学者・井上円了の思想です。井上は明治期の哲学者で、東洋大学の創設者でもあります。妖怪の研究でも有名なので、名前は聞いたことがあるかもしれません。

     私が初めて彼のことを知ったのは、東京の中野区にある「哲学堂」を作った人物としてでした。

     井上は相当な活動家です。学校を創設…

    残り801文字(全文1401文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事