教養・歴史アートな時間

自分の車の後部座席で得た感覚 嘆きと苦痛からの緩やかな恢復=芝山幹郎(映画)

     (C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
    (C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

    映画 ドライブ・マイ・カー 自分の車の後部座席で得た感覚 嘆きと苦痛からの緩やかな恢復=芝山幹郎

     他人が運転する自分の車に乗るのは妙な感じだ。旅先でレンタカーを仲間と交互に運転するのは気にならないが、自分の車の後部座席は落ち着かない。見える風景がいつもとちがうだけでなく、移動する感覚そのものがどこか異なる。

     家福悠介(西島秀俊)は、広島の演劇祭に参加したとき、この感覚を味わう。家福(禍福やカフカという単語を連想させる名だ)は演出家で俳優だ。演劇祭では多国籍・多言語の俳優たちと〈ワーニャ伯父さん〉を上演することになっている。長く乗り慣れた赤のサーブ900を運転して、彼は広島に向かう。

    残り932文字(全文1226文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事