教養・歴史アートな時間

「東海道四谷怪談」が、38年ぶり、片岡仁左衛門&坂東玉三郎で上演=小玉祥子(舞台)

    『東海道四谷怪談』民谷伊右衛門=片岡仁左衛門[当時:孝夫](昭和58年6月歌舞伎座) 松竹提供
    『東海道四谷怪談』民谷伊右衛門=片岡仁左衛門[当時:孝夫](昭和58年6月歌舞伎座) 松竹提供

    舞台 九月大歌舞伎 東海道四谷怪談 人気の怪談物、38年ぶりに片岡仁左衛門&坂東玉三郎で上演=小玉祥子

     日本で最も知られた古典の怪談物「東海道四谷怪談」が東京・歌舞伎座の「九月大歌舞伎」第3部で上演されている。悲劇のヒロイン、お岩が坂東玉三郎、その夫、民谷伊右衛門が片岡仁左衛門の好配役だ。

     四世鶴屋南北作で文政8(1825)年に初演された。今回は「四谷町伊右衛門浪宅」「伊藤喜兵衛内」「元の浪宅」「本所砂村隠亡堀(すなむらおんぼうぼり)」の二幕四場で構成される。

     忠臣蔵の外伝の設定で、伊右衛門は改易(かいえき)(家禄等を没収)となった塩冶(えんや)家(浅野家)浪人である。産後の肥立ちが悪い女房お岩と乳飲み子を抱え、生活が苦しいところに、隣家の富裕な伊藤喜兵衛が孫娘お梅との縁談を持ちかける。喜兵衛は塩冶家の敵である高師直(こうのもろなお)(吉良上野介)の家臣。断ろうとした伊右衛門だが、喜兵衛からお岩に薬と偽って顔の崩れる毒薬を与えたと聞かされ、縁談を承諾す…

    残り885文字(全文1317文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事