教養・歴史書評

実は中国はくみしやすい? 「思想」より「思考」を読む=加藤徹(歴史書の棚)

    「法治より人治」はなぜ? 中国人の思考法解説書=加藤徹

    「刃物を持った相手は危険ではありません。刃物しか使いませんから」

     ある高名な空手家の言葉だ(板垣恵介『刃牙道(ばきどう)』)。佐久協(やすし)『なぜ中国人はそう考えるのか』(出版芸術ライブラリー、1540円)を読み、この空手家の言葉を思い出した。中国のパワーは強大だ。が、そのパワーをどう使うかという思考法、いわば刃物の使い方にはパターンがある。中国の手の内を見切れる達人にとって、中国はくみしやすい相手だ。

     著者は言う。「僕は『思想』と『思考』とは別物だと考えている」「中国の歴史を簡潔にたどることによって現在の中国人の思考の特色が何に由来しているかを探り、日本人に役立てるのを目的として書いたのが本書である」。

    残り583文字(全文917文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事