週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

1年半以内にリーマン・ショック級の危機再来か

    1年半内にリーマン級の金融危機か=市岡繁男

     ロシア中央銀行は9月に発表した年次金融予測の中で、1年半以内にリーマン・ショック級の金融危機が起きる可能性を指摘した。物価上昇に直面した米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げを余儀なくされ、世界経済は急激に悪化するというのだ。既に新興国ではインフレ圧力が高まっており(図1)、ロシアやブラジル等は今年、政策金利を引き上げている。

     物価急騰の元凶は昨年3月以降、政府が5兆ドル、FRBが4兆ドルを投じた米国の過剰な景気刺激策だ。今年は毎週300ドルの手当を受給し、各種ローンの返済も猶予された国民は消費ブームの真っただ中にある。量的緩和策で潤った富裕層も高額品を買い求めるなど、一国全体で膨大な商品需要が生まれた。これでは物価上昇は当然だ。

    残り246文字(全文587文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事