週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

中国の債務膨張は日本に瓜二つ=市岡繁男

    中国の債務増は日本のバブル期と同じ

     1986年に162%だった日本の民間債務比率(民間債務総額÷名目国内総生産)は3年後の89年には200%の大台を突破した。だが90年のバブル崩壊に直面し、不良債権の増加を糊塗(こと)したい銀行は実質倒産企業の利払い分まで融資した。バブル崩壊後も債務比率が増加したのはこのためだ。

     注目は中国の民間債務比率の推移が当時の日本とうり二つなことだ(図1)。恒大集団の経営危機だが先行きは90年代後半の日本と同じ経路を辿(たど)るだろう。ただ、潰れるのは大手銀行ではなく現体制かもしれない。

    残り331文字(全文590文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事